腎臓疾患の専門医がすべての患者さんを診察いたします。
必要な検査を行った後に、当院をはじめ症状に適した治療が行える医療機関をご紹介いたします。

腎臓病について

腎臓病の特徴は、初期症状の段階ではなかなか自覚できない病気であることです。腎臓の機能が2~3割働いていれば、血液や尿の数値に表れない事もあり、気がづいたときには“サイレントキラー”といわれる慢性腎臓病(CKD)だった、というケースもあります。
慢性腎臓病は、なんと日本人の8人に1人が発症する新たな国民病ともいわれ、悪化すると血液透析治療が必要になります。
慢性腎臓病は早期発見が重要ですが、それには定期的な診療による尿や血液、血圧測定などの検査が必要です。
検診などで尿にタンパクがたくさん出てしまった方や、血液が尿に混ざっていたなどの診断を受けた方は、ネフローゼ症候群や腎炎の可能性も考えられます。少しのサインも見逃さず早期に発見し、適切な治療を行いましょう。

このような症状をお感じの方は、要注意!

当院の腎臓内科の特徴

腎臓に関する専門医とスタッフが在籍。

当院の院長は、日本腎臓学会認定専門医です。日本腎不全看護学会で学ぶ看護師も在籍しています。患者さんの症状や生活スタイルに適した治療をご提案いたします。病気についてご理解いただけるように、分かりやすくご説明いたします


各専門医院や基幹病院と連携。

腎臓疾患の原因究明、合併症の早期発見・治療に、その他の病院でも要望に応じてご紹介いたします。
各専門医院や多くの基幹病院と連携しています。

【提携病院】

日本赤十字社 福岡赤十字病院九州大学病院福岡大学病院国立病院機構 九州医療センター公立学校共済組合 九州中央病院
福岡徳洲会病院社会医療法人喜悦会 那珂川病院福岡県済生会二日市病院


 

内科(腎臓疾患等)診療時間

月~土 / 10:00~12:00
午後の診療をご希望の方は電話にてお問い合わせください。
HDの治療により、お待たせすることもあります。

PAGE TOP