令和元年度の貯水槽の清掃・水質検査調査結果

臨床工学技士長の高取です。
大野城市では、受水槽の有効容量が10㎥を超える施設に安全な安心な水の確保のため、水道法等で定められた衛生管理が毎年義務付けられています。詳しい内容は、前回の調査時の記事をご覧ください。

令和元年度

水質検査報告書

あとは、役所からの書類を待って内容を記入し、委託業者からの報告書と一緒に大野城市に提出するだけです。

関連記事

  1. 2021年11月メニュー

  2. 貯水槽の清掃・水質検査について

  3. 九州人工透析研究会で発表いたしました。

  4. 2021年2月メニュー

  5. 2020年2月のメニューです。

  6. 2021年12月メニュー

投稿月で探す

最近の記事

PAGE TOP