東レTR3300Mの6年目点検を行いました。

昨年、定期部品交換についてトピックスにあげさせていただきました。
1年はあっという間で今年も定期部品交換が無事に終了しました。
2023年9月10日に9台の(東レTR3300M)6年目点検を行いました。

👇 機械内部です

👇 今回交換した部品

透析監視装置 敵交換部品 交換周期一覧表

ピンクの部品を交換しました。

総部品47個の部品を交換しました。大小さまざまですが1つ1つ重要な役割があるので1つでもつけ忘れると水漏れや調整がうまくいかない等の不具合が出てきます。

1台1台わけておくことで作業の効率がぐんと上がります。

今回の日常点検では見つけることが困難で、分解しないと発見できない場所、部品の亀裂を発見しました。透析後の洗浄剤による劣化が考えられます。9台中1台の装置がこのような状態でありました。透析治療で患者様が一番重要だと思っているのは『除水』ではないでしょうか?その除水を担っている部品の1部が👆です。小さいですが重要な部分です。

今回は、始業前点検・透析中の密閉系診断で異常がでる前に発見でき部品交換できました。

機械の中をあけて点検する重要性を改めて実感しました。

こんな時私たちは、見つけて修理完了(達成感)・患者様に影響なくて良かった(安堵感)
もしこのままだったら・・・と(危機感)を抱きます。

今後も安心・安全な治療を提供できるように危機感を持ち機器の安全管理を行っていきたいと思っています。

関連記事

  1. 2020年11月メニュー

  2. 透析患者さんの熱中症対策 第2弾

  3. Withコロナ時代 運動不足になっていませんか?

  4. トピックスの更新を行ってまいります。

  5. 2022年02月メニュー

  6. 2023年5月8日から新型コロナの感染症法上の類型が、5類へ…

投稿月で探す

最近の記事

PAGE TOP